無料のガントチャート、Brabioを使ってみた

ガントチャートSS.jpg

http://brabio.jp/

ガントチャートってのはいわゆる工程管理に使う表で、上の画像を見てもらえればなんとなく伝わると思うんだけども、僕は自己管理が下手なんで、色々なサービスを利用してみては、なんだかいまひとつ欲しい機能が足りないとか思っていたわけです。

しかしこいつはティンときた!
いける、いけるぜぇ...。

んなわけで、個人利用でもグループ利用でも便利だなと思った部分を紹介します。

 

■とりあえず個人利用での話。

今、抱えている仕事で11曲くらい作らないといけなくて、ざざっと予定と進行具合を書き込んでみたのが上の画像です。
階層化する事で、全体の進行度が見えるのが便利ですね。

 

画像を拡大するとわかると思うけど、現在4曲を並行して制作中なのです。
んで、それぞれの作業の進み具合が、順に80%、40%、25%、20%と記録してあります。

11曲分の進行度としては、14%。

ガントss2.jpg

11曲のうち4曲進めてるんだから20%くらい行ってるかと思っちゃったりするわけですが、この辺がきっと自己管理が下手な人なんでしょう..。

そんなこんなで全体の作業量が見えました!

 

今のペースを守るために目安となるのは
ずばり、左上の紺色の横線が今日の日付(薄緑の縦線)を越えていること!

 

いま、ギリギリっすね。

別件の仕事も進めつつやってるんで、制作の比重を上げないといけませんね。

 

あぁ、そうそう。
このガントチャートは便利な事に複数のプロジェクト管理もできます。

ガントss3.jpg

3つ以上のプロジェクトの状況を知るには有料契約しないとダメっぽいですが、こいつは便利ですね。

 

 

■グループ利用の話。

一昔前のガントチャートソフトというのはPCにダウンロードして使うエクセル的なものが多かったんですが、最近はwebサービスのグループウェアとして作られているものが主流です。

グループウェアって凄く便利なんだけど敷居が高くて

  • 参加メンバーが毎日見てもらえるか(習慣化してもらえるか)
  • 独特なインターフェースやらを覚える手間

今までの経験上、この2つがとにかく問題なんです。

 

Brabioで良いなと思ったのは、進捗状況を更新する際に関係者にメールを送れること。(送らないことも可能です)

参加時に登録するメールアドレスに送られてくるので、参加メンバーがガントチャートを見ることを習慣化できていなくても、ちゃんと進捗を共有できる可能性が高いです。それに相手に複雑な操作を覚えてもらう必要もありません。

ゲスト登録なんて機能もあるので、工程管理をする中心メンバーと、外部の制作メンバーなりクライアントなりで分けて登録すると便利かと。


まとめっぽい何か

まだ機能を使いきっているわけではないので雑感でしかないけれど

・他の似たサービスに比べて動作が快適、操作も簡単
・マイルストーンを色分けすると複数設置しても見やすい

使っているうちにもっと見つかるかもしれません。

最後に参考リンク
[Gigazine] 無料でガントチャートを使いながら多機能&直感的なタスク管理が行える「Brabio」